トップ ウイルス駆除ソフト管理ツールへの不正アクセスについて

ウイルス駆除ソフト管理ツールへの不正アクセスについて


                                    2018年5月24日
                               中日本エクストール横浜株式会社

  コンピューターセキュリティメーカーのサーバ上にある当社向けのウイルス駆除ソフト管理ツールが
不正アクセスを受け、当社社員が業務上使用している複数のパソコン端末にインストールされていたウ
イルス駆除ソフトが意図的に削除された事案が発生しました。
  本件による情報の流出及び端末、サーバへのウイルス感染の被害は確認されておりません。
  本件は、過去に当社を退社した元社員が不正アクセスを行ったもので、この元社員は当社の業務に支
障を与えたとして、2018年5月24日に書類送付されました。
  捜査協力の観点から、これまで公表を差し控えてまいりましたが、被疑者の書類送付を受け、以下の
とおり報告いたします。

   1.被害の内容
        社内ネットワーク外にあるウイルス駆除ソフト管理ツールに不正アクセスされ、ウイルス駆除
        ソフトのみが削除されたものです。なお、情報の流出及び端末、サーバへのウィルス感染の被
        害は確認されておりません。

   2.再発防止について
        ウイルス駆除ソフト管理ツールへの不正アクセスを防止する対策を施しました。

        今回のことにつきましては、高速道路をご利用のお客さま、関係者の皆さまにご心配をおかけ
       し、深くお詫び申しあげます。
        当社は今後も当局の捜査に協力するとともに、情報セキュリティ対策により一層取り組んでい
       きます。

                                           以  上
中日本エクストール横浜採用情報
高速道路の利用案内
ETCのはじめ方・ご利用案内
PAGETOP